【4月14日】 4月SQ確定値は13892.77円 (朝の情勢分析) - 政策に売りなし。 【株式投資・日経平均225】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【4月14日】 4月SQ確定値は13892.77円 (朝の情勢分析)

おはようございます。

先週末、大波乱となった4月SQ値は13892.77円。

これが「マボロシのSQ」となり、

下のサポートとして機能するかと思ったのですが、

NYがまた想定外の下げ。

今週は、13900円前後でのスタートとなりそうですが、

今度は14000円が上の抵抗線となり、

SQ値を割り込んで下値を模索することにもなりかねません。

今後の動きはSQ値に大きく影響されると申し上げてきましたが、

やはりSQ値が全体の相場観を大いに引き下げてしまい、

さらに14000円を割ってしまったことで、

全く違う相場展開になってしまいました。

例の「居心地のいい水準」(⇒参照)が、

400~500円下がったような印象を受けていますが、

NY市場の下げ止まりと為替動向、

そして日経平均銘柄の決算動向などを確認しないと、

なんともはっきり言えません。

何しろ、たとえ政府が13000円に防衛ラインを敷いたとして、

それが防衛できる保証はありません。

(安倍政権周辺で異変が起こっていることはまた書きます)

また、「追加緩和はない」と皆が思って市場が一方向に傾いたら、

黒田総裁は躊躇なくメガトン級サプライズをやる可能性もあります。

事実、昨年4月は強烈な踏み上げを食らって撤退したファンドがいくつもありましたが、

サプライズ追加緩和なら、ふたたびの16000円超えもあり得るので、皆、一応、警戒してるわけです。

ひとつだけ言えることは、

今となっては14000円前後は決して「異常値」とはいえず、

グローバル・リスク(外的要因)や政策要因で、

一瞬にして上下どちらにも触れる可能性があるということです。

読者の皆様にはそれぞれの投資法がおありでしょうが、

どうぞ、あらゆるシナリオを考えた上で、賢明に勝負なさいますよう。

ただ、長い目でみれば、13000円台からの買いエントリーであれば、

少々、思惑が外れてもそれほどの大やけどにはならないと思います。

このまま相場が沈みこみ、

5月、6月あたりに本当のセリングクライマックスがきても、

年内もしくは来年そうそうに14000円を回復する局面は十分にあると考えられるからです。

特に、13500円を下回ったならば、

「底値」かどうかは判然としなくても、

「底値圏」に入りつつあることは間違いありません。

銘柄選びさえ間違えなければ、大負けすることはまずないでしょう。

もちろん、中国の尖閣侵攻や、南海トラフ地震、原発事故など、

いつ、どんなリスクが火を噴くかわかりませんが、

借金せずに現物で買っている限り、破産するリスクはゼロです。

まして、基盤的国策銘柄への分散投資なら、

どんなに大変なことがあっても、必ず助かります。

(助からないときは日本が終わるときですから、株だろうが何だろうが破産します)

そういう意味で、私としては、

中途半端な水準で上がったり下がったりするより、

十分に安いレベルから下げるだけ下げてもらったほうが、

気持ちが楽になります。

昨年末の16000円とか、先月末の15000円とかの水準で、

「まだまだ上がる」「乗り遅れるな」と無責任なことを言い、

多くの人に迷惑をかけた「専門家」の方々は、

なぜ、こんなイージーな水準になったら黙ってしまうのか、

私には不思議でなりません。


【↓↓↓いつもお読みいただいて、ありがとうございます。少しでも参考になった方、面白いと思われた方は、以下の3か所にクリックをお願いします↓↓↓】
にほんブログ村 株ブログへ

FC2Blog Ranking

※本ブログは国際情勢、政治、経済に関する情報分析と、私自身の相場分析、トレード戦略をお伝えすることが目的であり、読者の皆様への投資助言、推奨のようなことは一切行っておりません。また、記事の内容には万全を期していますが、市場では常に「想定外」の事柄が発生する以上、その正確性を保証するものではありません。さらにいえば、相場予測が正しくても、それで勝てるとは限りません。読者の皆様が、本ブログの記事を参考にトレードなさり、損失を出されることがあっても、筆者はいかなる意味でも責任を負いかねますことをご承知おきください。いずれにせよ、投資においては自己責任が絶対の原則ですから、情報武装、知識武装、リスクヘッジに万全を期されることをお勧めします。皆様が大きな富をつかまれることを、心よりお祈り申し上げます。

楽天証券が誇る最強のオンライントレーディングソフト「マーケットスピード」初の公式ガイドブ...








関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

SQ値が抵抗ライン?

確かにSQ値の抵抗ラインは、2回跳ね返されましたが、
まだ、衝撃の14000円割れの二日目の病み上がり状態です。
出来高は伴いませんが、指数的にはずいぶん底打ちしており
ます。2月4日の底値の翌日も厳しい展開でした。ここのところ
外人の売り浴びせは1週間は大量ですが、翌週は小康状態に
成る傾向が有ります。例 先週1兆円 今週1000億円
約売り越し額が10分の1ぐらいになります。

それに当てはめると、今週は少なくとも小康状態にはなりそうです。
確かに予想は総理大臣でも日銀総裁でも解りませんが
過去データで予測の精度アップ可能です。予測に基づいての投資でなく、
確定してから素早く行動を起こすのが時鳥様の考え方、戦略を練る為の
予測はその時の確定時に俊足に行動する為の知略になるはずです。

ざっと流して一歩引いて観察すると、5月ぐらいが山場で
日経は13000円割れも辞さない厳しい展開になる事は一貫して
おりますが、財務省の悲願である消費税10%実現の為空白
の4月からの3ヶ月間は仕方がなくてもそれ以降しゃにむに
あらゆる手だてを講ずるとの事だったと思いますが、
「年内若しくは来年早々には14000円回復は十分あり得る」
の発言は当初と比べるとずいぶん後退した感が否めません。
少し驚いております。

クジラで負けて、ですが、TPPのことに触れられており
私の過去コメントの質問に間接的にお答えして頂いており、
感謝しております。内容はかねがね懸念してる事と一致しており
ます。ハトでも覇権国のトップですから、最低でもメンツを
つぶさない結果になる事を願うばかりです。

ロシアとの交渉ですが、ゴールデンウイークごろになんらかの
結果が出そうなのは驚きです。かなり先の事と思っておりました。

いずれにしても、相場は4月末の思惑であや戻しがあり、そこから下なのか、
反応薄で5月の会合の後に大きく動くのか?まだ
整理が出来ておりません。貴ブログを拝見するとポジション
を保持したままでは怖くなってきました。

ありがとうございました。

以上







2014-04-14 22:53 | from HS

財務省の勝利

表記の私のコメント欄に対して、hototo様からのご返信を頂きました。
表記の返信で書き込みをしましたが、突然消滅してしまい、また欄が小さく
こちらの方が書き込みがしやすいので、ご容赦をお願いします。

今回のご返信ですが、表記のコメントに対しての返信でなく、それ以前に私が
記載した事に対して総括的な内容と承りました。ひどくお怒りのようですが
なぜなのか大変戸惑っております。

時鳥様は社会的にも高い地位にあり、政権中枢の事も入手できる立場にある
方と推察されますが、そのような方が私の様なしがない一般庶民の読者に
対してムキになるのは如何なものかと思われます。私は月給手取り20万台の
サラリーマンで昼間は仕事をしており、国会中継なんて生放送では見られません。

相場予測に対してそんなにお怒りになるのは解せません。なにか私のコメント
でそれ以外で不快感を与える何かがあるのか?たとえばTPPに関する質問
など、その後ブログで似たような内容が記載されておりますが、出しゃばって
あんまりいろんなコメントをして目ざわりだったのでしょうか?
それとも日銀総裁を茶化しましたが、お気に触りましたか?
私には何も他意はありません。

貴ブログは不特定多数の色々な方が閲覧しております。許容の間口が狭くては
了見が狭いと言われても仕方がないかもしれません。

あたりもしない予測と言われますが、今回の日銀に絡む相場の乱高下やカラ売り残からの相場の戻り、アイランドリバーサルは2日間で変則的でしたが、
確かに相場は戻しております。全くでたらめを言ってるのはひどすぎます。

少なくとも私の言ってる事は陳腐化した5次のデータかもしれませんが、
偽りのデータではなく真実に基づいた事からもうしております。

今回のご返信は本当にがっかりです。毎日投稿したのもブログの内容にほれ込
み勇み足ぎみでしたが、なにかを書かずにはいられなかったからです。

今回のご返信の前の返信でも、うすうす感じておりやんわりといさめると言うか
冷淡な感じでしたので、しつこいコメントは控えようと思っておりました。
財務省の勝利での投稿で、今まで抑えていた怒りが爆発した様に思えて仕方が
ありません。

きりがないので打ち切ります。嫌われてしまったので、もう投稿はしません。

最後に賢明な読者は私の相場観を読んだくらいで、影響なんかされませんよ。
情報が氾濫してる時代にいちいち読者のコメントを見て投資なんかしませんの
でご安心してください。また、仮に影響を受けても投資は最後は自分が決めるの
ですから、自己責任でしょう。

以上

以上

2014-04-16 21:45 | from HS

トラックバック

http://divineoracle.blog.fc2.com/tb.php/96-62d1dec1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。