2月9日から16%増。本年、ここまで全勝中! - 政策に売りなし。 【株式投資・日経平均225】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月9日から16%増。本年、ここまで全勝中!

(本日3回目の更新です。今日はこの後19:00から最後の更新をします)


このブログの立ち上げは本年2月9日。

そこから、

「絶対に勝てる」チャンスを5回つかんで、

ここまで全勝中です。

資金は約16%殖えました。

ご確認いただければわかりますが、

以下の内容は全てこのブログとTwitterで

リアルタイムにお伝えしてきました。

毎日、お読みの方はご存知のとおり、

一切、嘘もついてないし、修正もしていません。



1.本年1回目のトレード


2月5日に「底」を確認し、5日、6日にわけて「本年1回目のトレード」。

絶対安全の「基盤的国策銘柄」を8銘柄ほど買いました。

リアルタイムでお伝えしているとおり、

日経平均が14800円を突破した2月14日、18日、

日経平均が15000円を突破した2月24日に利益確定。

3月3日、ウクライナ危機のショック安を前に残りも逃げ切り。


→「本年1回目のトレード」(上げ相場)で、資金を約4.5%殖やしました。



2.本年2回目のトレード


3月3日、ウクライナ危機の発生にて、「ショック対応」。

相場がパニック的なショック安になったのをみて、「本年2回目のトレード」。

日経平均14650円から先物「売り」で入り、14500円で半分利益確定。

ロシアの最後通告と欧米の動きをみて、3月4日、14550円で残りも利益確定。


→「本年2回目のトレード」(下げ相場)で、資金を約2.5%殖やしました。



3.本年3回目のトレード

3月のメジャーSQで波乱。

SQ週中日の3月12日、

日経平均がオプション絡みで14750円を目指し、

「異常値」まで売り込まれた14710円で先物「買い」。

今度は15000円を目指す筋の巻き返しのタイミングをとらえ、

14910円で利益確定。

→「本年3回目のトレード」(MSQ)で、資金を約4%殖やしました。



4.本年4回目のトレード

4月8日の日銀金融政策決定会合に向けて、

3月下旬から始まった「追加緩和期待」をとらえ、

会合後の「失望売り」を狙って日経平均先物売り。

決定会合の前週末の米国雇用統計前に、

高値圏の「異常値」である15000円を突破したことと、

雇用統計後の失望売りをみて4月4日ナイトで、

日経平均先物売り玉を15050円で仕込み。

8日の決定会合の午前中に(おそらく情報漏れで)

失望売りが広がったのをみて、

「現状維持」の発表後に14640円で利確。


→「本年4回目のトレード」(下げ相場)で、資金を約4%殖やしました。



5.本年5回目のトレード

4月のSQで大波乱。

前夜のNY市場の暴落で、

ナイトセッションは14100円前後で推移したものの、

寄付直前には節目の14000円を割る兆候があり、

9時ちょうどには、まさかの13800円台へ。

わかりやすいSQ絡みの売り仕掛けであり、

SQ値確定後に14000円まで値を戻すのは確実と判断し、

13880円(異常値)で日経平均先物買い。

その後、13900円、13950円と節目で停滞しながら値を戻したものの、

米国、日本と続く暴落が、上海市場などアジアへ連鎖する可能性を警戒し、

13975円で利確。

寄り付きから30分で95円の利幅をとり、勝利を確定させました。

→「本年5回目のトレード」(SQ波乱)で、資金を約1%殖やしました。


 (以上のほかに、

  先物でエントリーしたものの、

  状況が変わったために5円幅の利益で撤退した

  「ノーゲーム」が数回ありますが、

  いずれにせよ、一度も負けていません)



2か月で5回の取引です。

このブログを開設した際には、漠然と、

1月の暴落からの戻り上昇局面と、

4月前後の消費増税にともなう下降局面、

そして、大底を打った後、7月に向けての政策的な上昇という、

3回くらいの取引を考えていましたが、

ウクライナ危機や2回連続のSQ大波乱、

日銀総裁発言をめぐる追加緩和狂想曲など、

「想定外」の事態が続いたため、

やや忙しい今年前半となりました。

本来であれば、

こうして忙しく瞬間的な先物取引をするより、

腰を落ち着けて基盤的国策銘柄を買い、

数ヶ月かけて10~15%くらいの利益を上げるという取引が、

最もリスクが少なく、精神的にも楽なのですが、

そういう局面がちっとも来ないのですから仕方ありません。

いずれにせよ、

刻々に変わる状況に「対応」して、

「絶対安全、安心、確実」なポイントがくるたびに、

さっと入って、さっと利益を確定した結果、

16%を超える利益となりました。

一年間トータルの成績としても十分ですが、

まだ4月初旬です。

今年はこれから本格的な大変動が予想されますので、

もっと大きなチャンスがあるはずです。

私の投資法は、

① 相場に波乱をもたらす「グローバルリスク」を分析し、

その波乱によって発生した「異常値」が、

「正常値」に戻るタイミングをつかむ。

② 相場を押し上げる政策要因を分析し、

中長期的な見通しで、

本来あるべき水準を割り出し、

「天底」を判断する。


という2つによって、

刻々に変わる状況のなかで、

「絶対負けない」ポイントをみつけ、

「絶対負けない」銘柄と手法で、

さっとエントリーして、

さっと利益を確定することに徹しています。

基本的には、

(異常に)下がったら買う、

(異常に)上がったら売る

この繰り返しです。

普段、忙しく仕事をしていて、

ザラ場を注視できない私達には、

現実的に考えてこの方法しか、

生き残る方法はありません。

しかし、これならば、

素人であれ、初心者であれ、

巨大ヘッジファンドの餌食にならず、

過剰流動性がもたらすこの無茶苦茶な相場でも、

生き残ることができるのです。

そして、絶対安心、安全、確実に、

コツコツと利益を積み上げれば、

誰でも遠からず巨大な富をつかむことができるのです。


【↓↓↓いつもお読みいただいて、ありがとうございます。少しでも参考になった方、面白いと思われた方は、以下の3か所にクリックをお願いします↓↓↓】
にほんブログ村 株ブログへ

FC2Blog Ranking

※本ブログは国際情勢、政治、経済に関する情報分析と、私自身の相場分析、トレード戦略をお伝えすることが目的であり、読者の皆様への投資助言、推奨のようなことは一切行っておりません。また、記事の内容には万全を期していますが、市場では常に「想定外」の事柄が発生する以上、その正確性を保証するものではありません。さらにいえば、相場予測が正しくても、それで勝てるとは限りません。読者の皆様が、本ブログの記事を参考にトレードなさり、損失を出されることがあっても、筆者はいかなる意味でも責任を負いかねますことをご承知おきください。いずれにせよ、投資においては自己責任が絶対の原則ですから、情報武装、知識武装、リスクヘッジに万全を期されることをお勧めします。皆様が大きな富をつかまれることを、心よりお祈り申し上げます。

楽天証券が誇る最強のオンライントレーディングソフト「マーケットスピード」初の公式ガイドブ...









関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://divineoracle.blog.fc2.com/tb.php/94-207f98ed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。