FC2ブログ

【臨時更新】 SQ大波乱。緊急出動。そして・・・ - 政策に売りなし。 【株式投資・日経平均225】

【臨時更新】 SQ大波乱。緊急出動。そして・・・

(本日2回目の更新)


臨時更新です。

twitterのほうで完全実況中継しましたが(⇒参照)、

朝ここに書いたとおり、

寄り付き後、日経平均先物買いの超短期勝負を断行し、

本年5回目のトレードに勝利しました。

(会合と会合の合間でしたので、取引もtwitterも全てスマートフォンからです)

もっとも、

今朝の情勢分析(7:00)の時点では、

寄付は14100円付近で、そこから揉み合いとなり、

いったん14000円をつけて短期反発と考えていましたが、

寄付直前の日経平均先物の板をみたら、

「想定外」に売り込まれる兆候がありました。

そして、場が開いたら、寄り付き直後の日経平均先物は、

なんと13850円(ミニは13845円)まで下落。

オプションSQに絡む、ヘッジファンドの渾身の売り仕掛けです。

さすがにいくらなんでも13900円割れは「異常値」ですし、

瞬間的な売り仕掛けは必ず反発しますので、

成り行きで先物買いして13880円で拾いました。

その後、13900円、13950円と節目で停滞しながら、

14000円に戻ろうとする動きを見せましたが、

13950円での滞在が長くなったので、

14000円との間をとって13975円に指し値していたら、

13980円に戻したタイミングでうまく利確できました。

おそらく14000円は回復すると思い、

結果として午前中にはそうなったのですが、

米国、日本の連鎖下落を受けたアジア市場(特に上海)が

どうなるか気になったので安全策をとりました。

「利食い千人力」といいますが、

後から「もうちょっと粘ればよかったのに」と思えるような水準で、

常に腹八分目で利食いする人のほうがこの世界で生き残っています。

今朝、「相場とは欲と恐怖の増幅装置」と書きましたが、

利食いのタイミングで欲をかくと身を滅ぼします。

いずれにせよ、twitterで完全実況中継したとおり、

寄り付き後、30分の勝負で95円の利幅取り。

(嘘もごまかしもありません)

本年5回目のトレードに勝利し、

資金を1%弱殖やしました。

2月9日から約16%増です。

さて、今後の見通しです。

4月のSQ値が「マボロシのSQ」となって、

強力な下値サポートになればいいのですが、

NY市場から資金が抜けていく現象に歯止めがかからず、

また、ファーストリテイリングの連結決算が、

一転して減益見通しになるというメガトン級の悪材料もあり、

これまで想定してきた「居心地のいい水準」が下方修正されるかもしれません。

その場合、14000円がひとつの軸となるかもしれず、

相場全体が弱気に転じた場合は13000円台の攻防になりかねません。

ただし、それはそれで大きなチャンスです。

政府は至上目標である消費増税10%のために、

7-9月に向けて、是が非でも株価を押し上げますから、

13000円台で基盤的国策銘柄を買えばまず、

失敗する投資にならないでしょう。

(近日中に希望する皆様には「基盤的国策銘柄」をご紹介する準備を進めています)

ただ、私はあまり焦ることなく、

市場が「大底」を打つまでのゴタゴタを、

ポジションも持たず、アタマをクリアーにして、

しばらく眺めていたいと思います。

(緊急事態があれば、さっとエントリーしますが)

私の取引はつまるところ、

「異常値」になればエントリーして、

「正常値」に戻った瞬間に利確するだけです。

上がったら売る、

下がったら買う

ただそれだけのことを、淡々とやるだけです。


【↓↓↓いつもお読みいただいて、ありがとうございます。少しでも参考になった方、面白いと思われた方は、以下の3か所にクリックをお願いします↓↓↓】
にほんブログ村 株ブログへ

FC2Blog Ranking

※本ブログは国際情勢、政治、経済に関する情報分析と、私自身の相場分析、トレード戦略をお伝えすることが目的であり、読者の皆様への投資助言、推奨のようなことは一切行っておりません。また、記事の内容には万全を期していますが、市場では常に「想定外」の事柄が発生する以上、その正確性を保証するものではありません。さらにいえば、相場予測が正しくても、それで勝てるとは限りません。読者の皆様が、本ブログの記事を参考にトレードなさり、損失を出されることがあっても、筆者はいかなる意味でも責任を負いかねますことをご承知おきください。いずれにせよ、投資においては自己責任が絶対の原則ですから、情報武装、知識武装、リスクヘッジに万全を期されることをお勧めします。皆様が大きな富をつかまれることを、心よりお祈り申し上げます。

楽天証券が誇る最強のオンライントレーディングソフト「マーケットスピード」初の公式ガイドブ...









関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

天才です・・・

今、この記事とツイッターとチャートを見比べて鳥肌が立ちました。鮮やかというか何というか天才ですね。

しかし、勝ち方に法則性があり、投資スタイルに一切ブレがありません。私のような凡人も習得できるようになるでしょうか?


2014-04-11 12:50 | from 天一坊 | Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-04-11 13:42 | from -

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-04-11 16:23 | from -

傍若無人なヘッジファンドのアルゴリズム売買に個人が立ち向かうには

Twitterにて「日経平均先物買いのチャンス」とあったので寄り成り買いかとも思いましたが、引きつけてから成り買いなのですね、流石の一言でございます。
当方がこの手法を見習うには、まずはイメージトレーニングから始める必要がありそうですが、傍若無人なヘッジファンドのアルゴリズム売買に個人が立ち向かうには避けて通れないことなのかもしれません。
ともあれご本業に支障の無い範囲で結構ですので、ブログも末永く続けていただければ嬉しいです。

2014-04-12 08:20 | from 脱藩浪人 | Edit

>天一坊様

過分なお褒めの言葉、恐縮です。

しかし、取引は才能ではなく、

徹頭徹尾、計算と法則性の世界だと思います。

私のエントリー戦略についてはまた、

ご説明する機会を設けたいと思います。

2014-04-12 18:36 | from 時鳥 | Edit

>脱藩浪人様

コメントありがとうございます。

日経平均先物は常にオーバーシュートする癖があり、

特に寄付から数分間は激しい上下動があります。

今回はSQということもあり、

また、直前の板を確認したところ、

サポートになりそうな買い注文がなかったため、

寄り付き直後はパニック的に売り込まれると思い、

寄り成りは避けました。

また、ナイトセッションの引けと、

シカゴ先物をみた感じだと、

14100円付近で寄り付いた後、

14000円まで売り込まれて反発という読みでしたが、

始値で14000円を割り込みそうだったことも、

ブログに朝書いた戦略を修正した理由です。

14000円の上と下では、

サポートラインの位置が全く変わりますから、

その後の展開がまるっきり変わるからです。

今後とも、どうぞよろしくお願いします。

2014-04-12 18:46 | from 時鳥 | Edit

トラックバック

http://divineoracle.blog.fc2.com/tb.php/93-ab31101f