FC2ブログ

3月からの相場を決めるもの - 政策に売りなし。 【株式投資・日経平均225】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月からの相場を決めるもの

朝方、相場が弱いとみて一部を利確しました。5%ほどの利益です。まだ年初なので、これで十分。

その後、相場は再びの大暴落です。

先週仕込んだレベルまで下がってしまいました。(それでも、まだ利が乗ってますが)

ただ、これより下は目先の「買い場」ですので、「二番底」の行方を見定めて、今回売却した資金を転用するかどうか決めます。

今週は、「三空踏み上げに売り向かえ」の相場格言どおりの展開でした。

14800円のあたりで「買い」を助言していた方々がいましたが、あれだけの下げの後ですから調整にも日柄が必要です。上値を追って高いところで飛びついたら大やけどします。

もちろん、NYは十分に強く、ドル円もさほど崩れていないので、目先の霧が晴れたらふたたび15000円を目指して上昇するはずです。

ただ、それでも3月半ばまでには、いったん手仕舞いするほうが賢明でしょう。

4月からは消費増税で日本経済のエンジンが一時停止します。

その前に、ソチ五輪が終われば、中国の動きが要注意になります。3つある主なチャイナリスクのうち、日本にとっては一番嫌なものがイベント化する恐れがあります。

それに引き替え、日本政府が持つ「主砲弾」は、どんなに早くても4月以降にしか撃てません。撃てないように政権側が自分でコミットして、自縄自縛に陥っています。

たぶん、すったもんだの挙げ句、6月頃にやっと撃つのではないでしょうか。

3月の半ばには、国家戦略特区が閣議決定されます。

内容については詳しく書けませんが、書けたとしても大した弾はないようです。

目玉はカジノくらいですが、相場はもう織り込み済みです。正式決定の前から、自民党の先生方が情報を小出しにしてますから、もう儲ける人は儲けています。

カジノ関連銘柄はもう終わったトピックスですし、医療銘柄もぱっとしない。今から沖縄に土地を買っても遅いのです。

後は、特に真新しい材料はありません。たとえ、市場に一時的なポジティブサプライズを与える材料があったとしても、すぐに「行って来い」になるのではないでしょうか。

とても、4月からの消費増税リスクを押し戻すような弾にはなり得ません。

そんなわけで、3月半ば以降は失望が先行する展開になるように思います。

また、3月18、19日のFOMCをきっかけにして、NYで潮目を変える動きが出ることも警戒されます。

たとえこれから数週間のうちに好材料がいくつか出てきたとしても、「上がるかもしれない、下がるかもしれない」という状況なら投資ではありません。丁半博打です。いったんポジションをゼロにすべきです。

まだ年初です。

焦って利益を出そうとするより、じっくりと買い場がやってくるのを待ちたいと思います。


FC2Blog Ranking
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://divineoracle.blog.fc2.com/tb.php/9-dc792181

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。