【臨時更新】 現状維持。動きなし。手仕舞い。  - 政策に売りなし。 【株式投資・日経平均225】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【臨時更新】 現状維持。動きなし。手仕舞い。 

お昼休みに臨時更新です。

日銀決定会合は「現状維持」。

追加緩和はありませんでした。

ただし、ツイッターのほうに書きましたが(⇒参照)、

午前中にはこの情報が織り込まれたようです。

(いくつかのプレーヤーに漏れていたのかもしれません)

「現状維持」の発表と同時に、ちょっと下げたものの、

14600円を前にしてショートカバー。

日経平均先物の板をみると14600円ちょうどに、

かなり厚い買い注文が入っています。

強固なサポートラインです。

この後、黒田総裁らの発言の後、

本格的な「失望売り」が広がる可能性も捨て切れませんが、

総裁がうまく市場との対話に成功して吹き上げる可能性もあります。

すでに次の日銀決定会合(4月30日)へ向けての相場に突入しています。

いったんは14500円を割る可能性は高いと考えていますが、

ふたたび緩和期待が高まることを考慮し、

金曜日に仕込んだ15050円の売り玉は14640円で利確しました。

今年の相場の「本番」はもうちょっと先ですから、

あまり無理をしないことにします。

とはいえこれで、「本年4回目のトレード」にも勝利。

資金を約4%殖やし、

2月9日のブログ開設以来、2ヶ月で15%増です。


【↓↓↓いつもお読みいただいて、ありがとうございます。少しでも参考になった方、面白いと思われた方は、以下の3か所にクリックをお願いします↓↓↓】
にほんブログ村 株ブログへ

FC2Blog Ranking

※本ブログは国際情勢、政治、経済に関する情報分析と、私自身の相場分析、トレード戦略をお伝えすることが目的であり、読者の皆様への投資助言、推奨のようなことは一切行っておりません。また、記事の内容には万全を期していますが、市場では常に「想定外」の事柄が発生する以上、その正確性を保証するものではありません。さらにいえば、相場予測が正しくても、それで勝てるとは限りません。読者の皆様が、本ブログの記事を参考にトレードなさり、損失を出されることがあっても、筆者はいかなる意味でも責任を負いかねますことをご承知おきください。いずれにせよ、投資においては自己責任が絶対の原則ですから、情報武装、知識武装、リスクヘッジに万全を期されることをお勧めします。皆様が大きな富をつかまれることを、心よりお祈り申し上げます。

楽天証券が誇る最強のオンライントレーディングソフト「マーケットスピード」初の公式ガイドブ...









関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

脱帽・・・

先日、このブログを発見し、過去の記事に遡って全部読ませていただきました。どの記事も驚愕する他はありませんが、今回の日経平均先物の売りには心底感服しました。脱帽です。

時鳥先生は、3月に相場が膠着していた段階から、一時的に上昇するタイミングを寸分の狂いもなく予言し、米国イベントで下落に転じた瞬間に売りを仕掛け、日銀発表の直後にエギジットされて見事に利益を確定されました。鮮やかすぎるくらい鮮やかな手口です。

これを全部、リアルタイム公開していただいているのですから、ただただ、呆然とするばかりです。知る限り、日本中の全てのプロの中でも最高レベルなのではないでしょうか。今までいろんな投資顧問の方々に高額な料金を支払ってきたのが馬鹿みたいです。

ブログでは個別銘柄の解説はなさらないとのことですが、有料でそうしたサービスをなさることはお考えでないでしょうか。是非、弟子入りしたいと思っております。

先生は「政策と国際情勢分析のプロ」でいらっしゃるのですから、報酬をお取りになるのは当然だと思いますし、先生の投資手法なら月数万円の顧問料でも安いくらいです。いつもここで書けない情報もあるとおっしゃることも気になって仕方ありません。是非、ご検討いただけると幸いです。

2014-04-08 15:11 | from 天一坊 | Edit

素晴らしい

上の人と同じ感想です。全部リアルタイムに公開されていて嘘もごまかしもできないのに、目の前でこう鮮やかに勝たれると正直、嫉妬すらしてしまいます。某有名ブログのメンバー契約は今月でやめて、このブログに専念することにします。先生が弟子をとられるなら、私も希望します。他に払うより、よほどいいです。

2014-04-08 20:08 | from 三田俊樹 | Edit

日銀総裁の会見

日銀総裁殿

先月に続き、強気の会見でしたね。
先月も会見の後、1000円ほど日経は下落しました。
もう少し市場との会話に腐心されたらいかがでしょうか?
バーナンキ前議長やドラキECB総裁などを手本にされたらいかがでしょうか?

株価上昇は国民の資産効果もあり、経済効果もあるのではないでしょうか?消費税アップで景気の減速懸念があるのだから、
株価に配慮した発言ぐらいしてほしいものです。

時鳥様の手法は鮮やかでしたが、利益確定は14600円台で先物の待ち伏せ買いの板が控えていたからです。本来ならナイトの
先物の動きは14600円ほどで底打ちしていた可能性があったのに、見事に会見の発言でぶち壊しをして14400円台まで現在下落しております。

日経先物は投機筋の外人に支配されており、レバレッチを利かせれば、少ない金額で相場を支配できます。総裁の発言は下落に拍車をかける格好の材料を与えてしまったのです。

また下落しすぎてあわてて無駄金のETF買いでもして下さい。



2014-04-08 21:26 | from HS

>天一坊様

コメントありがとうございます。

勿体ないお言葉、恐縮です。

実はいくつかお叱りをいただいています。

「こんな情報を無料で提供されたら困る」という、

プロ(?)の方々です。

また、開設後間もないブログなのに、

毎日のアクセスは数千件に達して驚いていますが、

それゆえに個別銘柄については言及ができず、

さりとて、皆さんが一番興味があるのは、

具体的な「基盤的国策銘柄」であることも承知しています。

投資顧問業や「センセイ扱い」なんかはまっぴらごめんですが、

お求めの方々に、本当に価値ある情報を提供するために、

なんらかの方法を考えているところです。

今しばらく検討させてください。

2014-04-09 12:39 | from 時鳥

>三田俊樹様

コメントをありがとうございます。

恐縮です。

投資顧問業や「センセイ扱い」なんかはまっぴらごめんですが、

お求めの方々に、本当に価値ある情報を提供するために、

なんらかの方法を考えているところです。

今しばらく検討させてください。

2014-04-09 12:41 | from 時鳥 | Edit

>HS様

コメントをありがとうございます。

お怒りはごもっともです。記者会見は逆サプライズでしたね。

「現状維持」は百も承知ですが、

強気一本槍の「完全ゼロ回答」とは驚きました。

黒田総裁から何らかの発言が出て、

14600円あたりでの反発を期待していた多くの方が、

肩すかしを食った後、盛大に売りに転じてるようです。

7-9月をにらんだ戦略として、

ここでの肩すかしが良かったのか悪かったのかは、

もうすぐはっきりするのではないでしょうか。

2014-04-09 12:50 | from 時鳥 | Edit

日銀総裁の会見のご返信について

時鳥様

お世話になります。

ご返信ありがとうございました。また、そのほかの読者の
コメントにもご丁寧のご返事をして頂いているようです。
ご誠実なお人柄とお見受けいたします。


ところで、ご返信の文末の 「かたすかしがよかったのか悪かたのかはもうすこしすればはっきりする」 ですが、気になる文面でした。


つまり、総裁は深い考えがあり、あえて、リップサビースも含め、ゼロ回答に近い記者会見をしたとも取れます。


サプライズが好きな総裁?ですから、あえて今回はつれないそぶりをして、7月ごろに満を持して予想外の金融緩和を断行すると読んでしまいます。


そうなると、9日朝のブログでも解説をされておりますが、
4月の相場は方向感のない(良い材料もさりとて特に悪い材料もない)こう着した相場ではあるが、月末にまた日銀会合を控えており、また思惑相場になる可能性が高そうである。

 4月の高値予想レンジ14800~15300?



5月は恒例のセルインメイでヘッジファンドの決算もあり、やりたい放題の下落相場になる。


しかし、絶対防衛ラインは死守する為日銀ETF買いやら、
PKO出動などで去年の5月の12500円まで下落することはあり得ない。

 5月の安値予想レンジ13500~13000?


ところで気になるのが、オバマ大統領の訪日ですが、その前に日米でTPPの
ぎりぎりの交渉が行われております。

米国財務長官が円安けん制をしてからしばらく経ちますが、105円まで行った
円安は次第に上値が重くなり101円から102円ほどに抑えられております。

円高は株価の抑制原因ですが、TPPで妥結(日本の方が歩み寄りが大きい事
を想定)すれば、米国もご褒美で抑え込まれていた円安を容認するのではないでしょうか?そうなればまた違ったシナリオも考えなくてはなりません。
為替レンジが変わり予想PERは低下する。 私の妄想かもしれません。


中国の軍事費増大の脅威ですが、米国も巨額な赤字をかかえており、単独で
抑止するのは困難な状況である。

地政学的にも日本の沖縄の米軍基地は重要な拠点であり、日本を前面に出したり、財布代わり使用しなくてはいけない為、日本の国力を増強する必要があり、アベノミクスは支援せざる負えない。IMFの名を借りてアベノミクスの
着実な実行を迫っている。(本日のニュース)

そのような観点からも米国は更なるは円安を認めるだろう。7月の為替は107円?日経18000円を予想します。消費税も予定通り10%に引き上げる事も
出来て一石二鳥である。(米国ー日本国財務省ウインーウイン)


最終兵器のお話はまたまたサプライズが多かったです。
ありがとうございました。

以上

2014-04-09 22:57 | from HS

>HS様

コメントをありがとうございます。

お見立て興味深く拝見致しました。

米国に関しては、

オバマ政権の指導力が目に見えて低下するなか、

民主党からも共和党からもいろんな話が聞こえてきます。

ご参考までに、

DCに広げているアンテナでキャッチした情報の一端を、

本日夕方のブログで書かせていただきます。

2014-04-10 15:36 | from 時鳥 | Edit

トラックバック

http://divineoracle.blog.fc2.com/tb.php/86-d26cf7e6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。