【2月14日】 朝の情勢分析 - 政策に売りなし。 【株式投資・日経平均225】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2月14日】 朝の情勢分析

NYは16000ドル台回復。ドル円もふんばっています。本日はギャップアップで始まりそうです。

オプションSQ清算値が「幻のSQ」となって、当面の下のサポートになることを祈りますが、上値はまたしても14800円台の壁を意識する展開になっています。

昨年5月23日の暴落から11月のレンジブレークまで、日経平均は14800円台まで行っては叩かれ、行っては叩かれの繰り返しでした。今週も嫌な感じで押し戻されました。「三空踏み上げ」の後の弱い動きです。

もっとも、日経平均のEPSは1000円を超えていますので、当たり前にPER15倍台で推移すれば、15000円台が「居心地のいい水準」となって14800円台は下値サポートになるはずです。

なるべく早くに14800円の水準を上抜けるかどうかで、この後のシナリオが変わります。来週は14800円の攻防に勝ち抜くことを祈ります。

ともあれ、アベノミクス相場はPER14~16倍の間を行ったり来たりしています。外部要因で市場心理が悪化すると、予想EPSそのものが一瞬で低下します。

グローバル・リスクがイベント化した際は、まず「予想EPSがどうなるか」を想定し、そこから考えて「あり得ない異常値」のラインを値踏みするのが「王道」です。


FC2Blog Ranking
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://divineoracle.blog.fc2.com/tb.php/8-398cc24f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。