FC2ブログ

台風一過となればいいですが。。。 - 政策に売りなし。 【株式投資・日経平均225】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風一過となればいいですが。。。

結局、朝書いたシナリオのうち「台風」になりました。

様子見で正解でした。

「15000円のオプションSQが厚い」ことはみんなが知っていました。寄り前には「だから買いを入れろ」みたいに書いてた人もいたようです。

でも、みんなが予想するとおりに動いたら、仕掛けるほうのヘッジファンドには利益が出ません。結果としては、逆に行って14500円を目指してしまいました。

「予測」に基づく投資はいつか必ず失敗します。

特に、全ての情報がひとつの方向を示し、市場のみんなが「9分9厘間違いない」と思ったときが要注意です。

一般投資家が「買い」で入ったときには、ヘッジファンドは「売り」で仕掛けたほうが儲かります。

特に、日本市場は7割が海外投資家に支配されています。

まるで、ヘッジファンドが一般の日本人投資家の富を吸い上げる仕組みのように、面白いようにやられます。数十人の巨大プレーヤーのために、数百万の日本人が貢いでいるようなものです。

だから、決して「予測」では売買せず、「株価位置」をみてエントリーをします。

考えてもみてください。

ヘッジファンドが皆の「予測」の裏をかいて相場を逆に向かわせたら、その先には必ず「あり得ない」「異常値」に行き着きます。

ヘッジファンド同士もお互い裏をかきあって熾烈な戦いを演じていますから、いつまでも「異常値」のポジションにいたら自分がやられます。

だから相場は粛々と、当然のように「正常値」に戻ろうとするのです。

「異常値」から「正常値」へ。

私達のような一般投資家が生き残ろうとしたら、この「大雨の後のしばしの晴れ間」のようなタイミングをとらえるのが一番確実で安全です。

そういうチャンスは、年に何度も必ずきます。


FC2Blog Ranking


関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://divineoracle.blog.fc2.com/tb.php/7-f253f10a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。