「対ロ制裁」の中身でこれだけ変わる - 政策に売りなし。 【株式投資・日経平均225】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「対ロ制裁」の中身でこれだけ変わる

日経平均はようやく一息つきましたね。

ここのところ、

以前書いた「居心地のいい水準」の

「ど真ん中」(14400円)を挟んで行ったり来たりです。

このまま上昇してくれるといいのですが。

さて。26日まではハーグで核サミットです。

安倍首相は23日からオランダに飛びました。

あわせて緊急開催されるG7で、

対ロ制裁措置が話し合われます。

ハーグG7はしゃんしゃんで終わったとしても、

米国、欧州、日本の対ロ制裁には

微妙な温度差が出るでしょう。

そしてそれは中長期的にみて、

株式市場に決定的な影響を与えかねません。

まず、腰砕けとなったオバマ大統領ですが、

米国政府のエリート達は、与えられた制約のなかで、

的を絞った効果的な制裁パッケージを出して、

プーチンとその周辺を締め上げようとしています。

ロシア国内のパワーバランスに手を突っ込み、

個別企業や組織を狙い打ちにした制裁をやり、

プーチン政権の最大限の動揺を誘っているのです。

ところが、欧州の動きには温度差があります。

回復途上で脆弱な欧州経済を守るためにも、

エネルギー危機を招く対ロ制裁などやりたくないのです。

欧州が本格的な経済制裁をやるとなったら、

ボディブローのように自分たちを苦しめますから、

ふたたびの欧州危機です。

ヘッジファンドは必ずイベント化するでしょう。

欧州の制裁内容がどこまで米国と近似するかは、

要注目です。

複雑なのは日本の動きです。

政府は勇ましく制裁参加を表明しましたが、

実質、何もやっていません。

ビザ交渉の延期なんて制裁でも何でもなく、

逆に「今回はロシアに味方するよ」というメッセージです。

安倍政権としては、

1)中国への牽制

2)北方領土交渉

3)エネルギー交渉

でプーチンとのパイプを維持したいため、

今回の制裁は「ポーズだけ」にする可能性があります。

もし、それがうまくいったら、

上記1)の効果でチャイナ・リスク(地政学的)が後退し、

さらに2)3)で株価の押し上げ材料が出てきます。

私の投資スタイルとはちょっと異なりますが、

ロシアとガス交渉をやってる●●などの銘柄は、

いずれ盛大に吹き上げる可能性がありますから、

仕込むにはいいかもしれませんね。

ところが、いい話ばかりでもありません。

アメリカは日本が独自路線に出るのを、

何よりも嫌がります。

「日本はアメリカのポチだから」なんて、

呑気なことをいう「専門家」がいるようですが、

自民党とCIAの凄まじい裏歴史を、

何も知らないという時点で、

株式投資なんかやめたほうが賢明です。

ともあれ、日露同盟みたいな話が出てきたら、

米国は日本に対して何らかの措置をとるでしょう。

数ある政策要因のなかでも、

米国ファクターは決定的です。

たとえば、米国要人がたった一言、

「現在の為替水準は適正ではない」と言うだけで、

為替も株も大パニックになります。

親米の小泉政権時はドル円120円、日経平均18000円

反米の民主党時代はドル円80円、日経平均7000円

これだけ違うのです。

これらはほぼ全て、政策的に誘導された結果です。

これだけみても、

ハーグG7の結果がどうなるか、

そして日本がどういう対ロ制裁に出るかは、

半年後、そして、2年、3年のスパンでみたとき、

株価水準を決める重要な布石になります。

現時点で、安倍首相とオバマ大統領はしっくりいってなく、

逆に安倍首相とプーチン大統領は「波長があう」といいますが、

中国という現実の脅威を目の前にした日本が、

アメリカとロシアのはざまで、

実際に、どういう「さじ加減」をみせるのかは、

全投資家が注目すべき大切な要素です。

今後とも、折に触れて分析していきたいと思います。


【↓↓↓いつもお読みいただいて、ありがとうございます。少しでも参考になった方、面白いと思われた方は、以下の3か所にクリックをお願いします↓↓↓】
にほんブログ村 株ブログへ

FC2Blog Ranking

※本ブログは国際情勢、政治、経済に関する情報分析と、私自身の相場分析、トレード戦略をお伝えすることが目的であり、読者の皆様への投資助言、推奨のようなことは一切行っておりません。また、記事の内容には万全を期していますが、市場では常に「想定外」の事柄が発生する以上、その正確性を保証するものではありません。さらにいえば、相場予測が正しくても、それで勝てるとは限りません。読者の皆様が、本ブログの記事を参考にトレードなさり、損失を出されることがあっても、筆者はいかなる意味でも責任を負いかねますことをご承知おきください。いずれにせよ、投資においては自己責任が絶対の原則ですから、情報武装、知識武装、リスクヘッジに万全を期されることをお勧めします。皆様が大きな富をつかまれることを、心よりお祈り申し上げます。

関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

●●

●●が気になるなー。
隠されると覗きたくなりますね。

2014-03-24 19:53 | from 塩頭卦

>塩頭卦様

コメントありがとうございます。

不特定多数に公開するブログでは、

個別の銘柄に触れることを差し控えさせて頂きます。

大変申し訳ありませんが、ご了承ください。

2014-03-24 22:33 | from 時鳥 | Edit

トラックバック

http://divineoracle.blog.fc2.com/tb.php/63-978ed7ca

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。