FC2ブログ

【3月24日】 底割れを待つ (朝の情勢分析) - 政策に売りなし。 【株式投資・日経平均225】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【3月24日】 底割れを待つ (朝の情勢分析)

おはようございます。

先週末書いたように、

4月4日の日銀会合までは、

追加緩和期待で上げる局面があるでしょうが、

「安心・安全・確実」な投資という観点からは、

その前か、後かで、

「底割れ」局面を狙ったほうがよさそうです。

少なくとも、13000円台の攻防になり、

市場が本当に荒れたらチャンス到来です。

そしてそれはそう遠くないと思います。

例えば、ウクライナだけでも第2波、第3波の、

波乱要因としてまだくすぶっています。

詳しくはまた細かく分析しますが、

先週末から今朝にかけて、

プーチン側が「東ウクライナ」をカードにし始めたこと、

日米欧、それぞれの制裁内容にバラつきがあること、

中国が内政(民族自治)、外交(尖閣、台湾)の両面で、

「クリミア・アナロジー」を意識し始めたこと、

などの新たな要素が浮き上がってきました。

このウクライナ危機は、

昨年のシリア危機、スノーデン事件など、

一連の米ロ角逐のひとつですから、

今回はこれで終わっても、

また、次があります。

ハーグG7はしゃんしゃんで終わるにせよ、

日米欧中露という5大パワーの思惑が交錯し、

その動きをみて韓国、台湾、ベトナムなどが、

それぞれの立場でリスク分析をして、

掛け金を積み上げてきてます。

かつてクリミアは、

ロシア帝国と大英帝国が19世紀の覇権をかけ、

人類史に残る凄まじい要塞戦を行いました。

21世紀となり、アメリカの覇権が終わった今、

クリミア問題をきっかけとして

米国、中国、欧州、ロシアが、

国家の命運をかけて熾烈な駆け引きをしてます。

安倍首相率いる日本も例外ではなく、

今回は米国と少し距離をとり、

ロシアに秋波を送りながら、

主戦場の尖閣で中国と対峙しています。

こういうとんでもないダイナミズムのさなかに、

「ウクライナの経済は小さいから影響はない」だの、

「どうせ、日本は米国のポチだから追従しかできない」だの言って、

現実にそこにある「グローバル・リスク」と、

非常にドラマチックな駆け引きを無視して、

投資助言を行う人が報酬を得ているのは困ったものです。

今は、とんでもない「グローバル・リスク」が、

3つも4つも同時並行で進行するという、

凄まじい混乱のさなかです。

ほうっておいても近いうちに、

そのうちのどれかが破裂し、

上か下か(たぶん下)のどちらかに異常値をつけるはず。

異常値になったらチャンス到来。

心と財布に余裕を持って、

安心・安全・確実な投資をやればいいのです。

心配しなくても危機は定期的にやってきます。

この世界的な過剰流動性の時代では、

定期的にグローバル・リスクがイベント化しないと、

ヘッジファンドも「困る」のですから、

嘘でもなんでも必ずやります。

私たちとしては、その流れをよくみきわめ、

必ず勝てる絶好機をとらえるだけです。

大丈夫です。

大きなチャンスは近いです。

【↓↓↓いつもお読みいただいて、ありがとうございます。少しでも参考になった方、面白いと思われた方は、以下の3か所にクリックをお願いします↓↓↓】
にほんブログ村 株ブログへ

FC2Blog Ranking

※本ブログは国際情勢、政治、経済に関する情報分析と、私自身の相場分析、トレード戦略をお伝えすることが目的であり、読者の皆様への投資助言、推奨のようなことは一切行っておりません。また、記事の内容には万全を期していますが、市場では常に「想定外」の事柄が発生する以上、その正確性を保証するものではありません。さらにいえば、相場予測が正しくても、それで勝てるとは限りません。読者の皆様が、本ブログの記事を参考にトレードなさり、損失を出されることがあっても、筆者はいかなる意味でも責任を負いかねますことをご承知おきください。いずれにせよ、投資においては自己責任が絶対の原則ですから、情報武装、知識武装、リスクヘッジに万全を期されることをお勧めします。皆様が大きな富をつかまれることを、心よりお祈り申し上げます。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

とんでもない「グローバル・リスク」

>今は、とんでもない「グローバル・リスク」が、
3つも4つも同時並行で進行するという、
凄まじい混乱のさなかです。
ほうっておいても近いうちに、
そのうちのどれかが破裂し、
上か下か(たぶん下)のどちらかに異常値をつけるはず。

なるほど、国際情勢がよくわかります。
待っていればいいわけですね。

2014-03-24 11:32 | from 塩頭卦

>塩頭卦様

コメントありがとうございます。

いつの時代も、チャンスは必ず来ます。

それを確実にとらえれば、年に数回の取引で十分です。

いずれ、上か下かで「異常値」が来ますが、

そこまで待てない人がやがて市場から退出することになります。

2014-03-24 15:10 | from 時鳥 | Edit

No title

はじめまして
ブログを見て投資方法、分析に感銘を受けました。
自分は去年、株式投資を始めたばかりで投資顧問の情報を鵜呑みにして売買してきました。去年はそれでもなんとかなったのですが、今年は波乱だらけで、含み損を抱えてしまったので自分で勉強して、がんばっていこうと思いました。
今は損切りして、チャンスを待とうと思います。
ちなみにブログ更新は朝が多いのでしょうか?

2014-03-24 19:10 | from 晋也

>晋也様

コメントありがとうございます。

更新は現在、朝7時半と夕方7時半に行っていますが、

ブログの運営形態は変更する可能性があります。

損切りについては銘柄も買値も存じ上げませんので、

不確かなことは申し上げられません。

何年か塩漬けになっても、

配当収入だけで満足であればそれでいいでしょうし、

別の戦略に切り替えたいのであれば、

いったん損切りしてでも現金化するのも手です。

長期的な視点で何も目標とするかによって、

戦略は変わってくるのではないでしょうか。

一番いけないのは、

確固たる戦略もなく、

その時々の場合たりで、

目の前に飛び込んできた「専門家」さんの

意見に振り回されることだと思います。

ただ、株式投資の世界では、

「迷ったら売り」

は鉄則だと思います。

いったん冷静になって考えれば、

おのずと知恵が湧いてくるのではないでしょうか。

幸運をお祈りいたします。

2014-03-24 22:30 | from 時鳥 | Edit

返答ありがとうございます

返答ありがとうございます
持っている株のうち、配当がなく買値に戻るのが何年もかかりそうな銘柄を損切りしました。
売ってから値が上がってしまって、売るタイミングが本当に難しいなと思いました。

2014-03-25 22:34 | from 晋也

トラックバック

http://divineoracle.blog.fc2.com/tb.php/62-957efa87

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。