FC2ブログ

不動産市場、異変あり? - 政策に売りなし。 【株式投資・日経平均225】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産市場、異変あり?

■不動産価格に変化の兆し?

昨日は金価格について書きましたが、今日は不動産の話。

昔から、「資産3分法」といって、

株式、債権、不動産の3つが資産配分の王道でした。

今もそれは変わらず、富裕層はこの3つのなかでグルグル回しています。

(投信を買ってる方はよくご存じですね)

さて。

住宅用不動産とは違って、投資用物件は値動きが非常に激しいです。

数十億円超級の巨艦はファンドが買いますが、

それ以下の数億円クラスは資金余剰のある中小企業か、個人投資家の市場です。

このクラスの物件の値動きが、特に景気を敏感に反映するのです。

一昨年まで、23区内の投資用不動産(業者価格です。カモにされる一般人の買値ではなく)は、

築20年程度のRCでも8~9%の利回りがとれるものがごろごろありましたが、

昨年中盤に爆上げして高止まり。5~6%とれればいいほうになってました。

ところが、先月頃から、ちらりほらりと8%、9%の物件が出てきました。

今日、私が業者から紹介された極秘物件はなんと10%台半ば。

民主党政権時代なみです。

無論、短期間に上がりすぎた調整という側面もありますが、

「急いで、内緒で売りたがってる」という人々がちらほら出てきたようです。

昨年の都内不動産市場の買い手は、

1)株長者、2)台湾人、3)中国人でしたが、

アベノミクス失速で1)の株長者の後が続かなくなり、

地政学的リスクで2)の台湾人も敬遠し、

チャイナショックを前に3)の中国人が現金を必要としている、

というのがその事情のようです。


昨日も金価格の記事で書きましたが、

資産家たちは一般人が気づかないうちに、こっそりと資金の移動を完了させます。

パーティーが最高潮に達した頃には、もう、裏方は片付けを始めているのです。

今夜の雇用統計、MSQ、FOMCが無事に過ぎれば、

市場は楽観ムードが漂って、「消費増税も大丈夫」みたいな記事が出るでしょうが、

みんなが株を買う頃には、本当の金持ちはもう誰も残っていないでしょう。


このまま、よほどの政策転換(その兆しはあります)がなければ、

6月、7月に向かって大きく落ち込んでいく兆候は、すでにあちこちに出ています。


さて。今夜は雇用統計。

潮目が変わるかどうか注目です。


【↓↓↓少しでも参考になった方、面白いと思われた方は、クリックをお願いします↓↓↓】
にほんブログ村 株ブログへ

FC2Blog Ranking




関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://divineoracle.blog.fc2.com/tb.php/40-4fde9ad9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。