FC2ブログ

【3月5日】 朝の情勢分析 - 政策に売りなし。 【株式投資・日経平均225】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【3月5日】 朝の情勢分析

■上昇エネルギー

おはようございます。

昨日の「潮目の転換」の時間を、私は2時間だけ誤りました。

しかし、大筋において私の読みは極めて正確で、

そもそも昨日のうちに「上げ相場」へ転換すると予測できた人は、

私以外に、ほとんどいなかったのではないでしょうか。

私がそう予測した根拠は2点ありました。

1)「クリミヤ戦争」がプーチンの完全勝利で決着がついた

2)年初からの下げ相場で、無茶苦茶に空売りされたエネルギーが残っていた

この2点です。

とくに2)はかなり大きなマグマとなって溜まっていました。

3月決算のヘッジファンドは、

今月中に絶対に「空売り」したぶんの「買い戻し」を完了する必要があります。

私が2月5日からの「本年1回目のトレード」に勝利したのは、

これを利用したからです。

本来ならそのエネルギーで15400円までは行くと踏んでいたのですが、

中途半端なタイミングでウクライナ危機が発生したため、

安全策をとっていったんポジションをクローズしました。

(これはやや誤算でしたが、急遽「ショック対応」に切り替え、

「本年2回目のトレード」でほぼ初期の利益目標を確保できました)


しかし上昇が中途半端だったことで、

まだ「買い戻し」エネルギーは発散され切っておらず、

1)の危機「イベント」終了とともに潮目の転換が起こると判断しました。

これが、昨日からの「上げ相場」のエネルギーであり、

私の読みが正確だった理由です。


したがって、本日以降も上昇が続くかどうかは、

この「買い戻し」エネルギーが尽きるかどうかにかかっています。


ウクライナでの軍事衝突がなかったとはいえ、

欧州経済へのダメージは深刻であり、

これからファンダメンタルを大きく毀損していくでしょう。

また、近いうち書きますが、チャイナ・ショックのうち、

「地政学的リスク」がカウントダウンに差し掛かっています。

日本経済は4月以降、よほどの政策転換がない限りいったんは下降します。

現時点ではやはり14800~15400円が「居心地のいい水準」の「正常値」ですが、

「買い戻し」エネルギーが尽きたら、また売り浴びせをやられるでしょう。


相場はいつも、「下げ」のために「上げ」があり、

「上げ」の後には「下げ」があります。


だから、「グローバルリスク」と「政策要因」を分析して、

相場全体の「正常値」と「異常値」を見極め、

心配したり頭を悩ませることなく、

バカのひとつ覚えみたいに単純に、

上がったら「売る」、

下がったら「買う」、

これをえんえんと繰り返せば、

誰だっていずれ巨大な富をつかむことができます。


今の「株価位置」は「正常値」ですので、

しばらくは買うことも売ることもできませんが、

いずれまた上か下かのどちらかで「異常値」がやってきます。

今はただ「休むも相場」で、

次のチャンスを待ちたいと思います。

【↓↓↓少しでも参考になった方、面白いと思われた方は、クリックをお願いします↓↓↓】

FC2Blog Ranking



追伸:

ところで、昨日のお昼に書いた参議院の食中毒騒ぎは、

自民党の石破幹事長がコメントを発したことで、夕方に大きく報道されました。

国会に●レストランを押し込んだ○○センセ-の力が健在だったなら、

まず、あり得なかったことです。

いつの世も、栄枯盛衰の流れは残酷というか何というか・・・
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://divineoracle.blog.fc2.com/tb.php/35-b4febb7b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。